←前

戻る

次→ 



10代斎院 君子内親王


名前の読み(音) 名前の読み(訓) 品位
くんし きみこ 不明
両親 生年月日 没年月日
父:宇多天皇(867-931)
母:女御橘義子<従四位上>
未詳(890-891頃?) 延喜2年(902)10月8日
斎院在任時天皇 在任期間 退下理由
宇多(887〜897,父)、
醍醐(897〜930,異母兄)
卜定:寛平5年(893)3月14日
初斎院:寛平5年(893)6月19日
   (宮内省)
本院:寛平7年(895)4月16日
退下:延喜2年(902)10月9日
   (『紀略』は8日)
薨去
斎院在任時斎宮 斎宮在任期間 斎宮退下理由
元子女王(いとこおば)
 父:本康親王
卜定:寛平元年(889)2月16日
初斎院:寛平元年(889)9月
野宮:寛平2年(890)9月5日
群行:寛平3年(891)9月4日
退下:寛平9年(897)3月19日
不明
柔子(959没,異母姉)
 [六条斎宮]
 父:宇多天皇
 母:女御藤原胤子
卜定:寛平9年(897)8月13日
初斎院:昌泰元年(898)4月25日
野宮:昌泰元年(898)8月22日
群行:昌泰2年(899)9月8日
退下:延長8年(930)9月22日
天皇譲位

略歴:
 寛平4年(892)12月29日、内親王宣下。(異母姉柔子と同時)
 寛平5年(893)3月14日、斎院に卜定。
 寛平5年(893)6月19日、初斎院(宮内省)に入る。
 寛平7年(895)4月16日、紫野院に入る。
 寛平8年(896)閏1月、父宇多天皇が斎院へ行幸。
 寛平9年(897)7月3日、父宇多天皇譲位、兄醍醐天皇践祚。

7月13日、醍醐天皇即位。
 延喜2年(902)10月9日、病により斎院より退出、薨去。

同母兄弟:斉中親王(885-891)
     斎世親王(真寂法親王,886-927)
     斉邦親王(生没年不明,891親王宣下)

斎院長官:橘公頼[おじ](昌泰4年(901)4月2日〜?)

宇多天皇第三皇女。
 同母兄弟の斉邦親王は生年不明だが、兄二人の生年と親王宣下の年(891)から見て、887〜890年頃の生まれと思われる。君子の内親王宣下は892年であることから、斉邦よりも年下であろう。
 異母姉均子内親王(宇多天皇第一皇女)が890年生まれ(『紀略』延喜10年2月25日条薨伝)であり、君子の生年が890年以降であることはほぼ間違いない。さらに892年に異母姉柔子内親王(第二皇女)と共に内親王宣下を受けていることから、君子内親王は890〜891年頃誕生と思われる(よって卜定時は4歳以下)。

 なお、斎院長官を務めた橘公頼は君子の母義子の兄弟であった。また公頼の母雄風王女は万多親王の孫、桓武天皇の曽孫で、君子の祖父光孝天皇の再従姉妹にあたる。

                ┌────┐
                |    |
 藤原胤子===宇多天皇===橘義子  橘公頼
      |      |      [長官]
   ┌──┴──┐   ├────┐
   |     |   |    |
  醍醐天皇   柔子  斎世  ◆君子
         (斎宮)

 母方の祖父橘広相(837-890、正四位下参議)は、「阿衡事件」(888‐889)で責任を問われ失脚。また同母兄の斎世親王も、君子内親王の斎院在任中に「昌泰の変」(901)で菅原道真失脚に巻き込まれ出家した。
 母義子が父源定省(のちの宇多天皇)と結婚した時(884年頃?)、祖父光孝天皇の皇子は定省も含めてすべて臣籍降下していた。それだけに光孝急死後の即位は予想外の幸運であり、義子の女御宣下も破格の待遇であったが、結果的に君子の一家には却って不幸ともなった。
 なお同母兄弟三人の内、長兄斉中は早世、末の斉邦も恐らく早くに亡くなったと思われるが、次兄斎世は出家前に源庶明・源英明の二子(共に勅撰歌人)をもうけている。

参考リンク:
『天皇皇族実録45.宇多天皇 巻3』宮内庁書陵部所蔵資料目録・画像公開システム
 ※君子内親王については34〜36コマにあり





宇多天皇
史料 月日 記述
日本紀略 寛平5年
(893)
3月14日 【君子内親王、賀茂斎院に卜定】
 君子内親王為賀茂斎王、今上第三皇女也。
日本紀略 寛平5年
(893)
6月19日 【斎院(君子)御禊、初斎院(宮内省)に入る】
 賀茂斎内親王(君子)禊、移於宮内省。
日本紀略 寛平7年
(895)
4月16日 【斎院(君子)御禊、紫野斎院に入る】
 賀茂斎内親王(君子)、禊鴨河、入紫野院、
中右記 寛平8年
(896)
閏1月 【宇多天皇、賀茂斎院へ行幸】
(長承元年12月5日条)
(前略)臨深更頭弁書状云、可有御幸斎院准據之例、可量申者、■返事云、御幸例不慥覚間、難申左右、但寛平八年閏正月有限[院](宇多)御幸斎院之由、見旧記、斎院君子内親王、今上第三女、■[母?]女御橘義子也、
醍醐天皇
史料 月日 記述
日本紀略 寛平9年
(897)
8月17日 【賀茂社へ斎院(君子)の交替なしを奉告】
 奉遣使者於賀茂神社、令告不改斎内親王(君子)之由、
公卿補任 昌泰4年
[延喜元年]
(901)
4月2日 【橘公頼、斎院長官に任命】
(延長5年)
參議 從四位上 橘公頼<五十一>
    <贈中納言廣相六男。母左馬頭從四下雅風王女。>
<寛平八正廿二藏人。廿六日播磨少掾。同九正十一左衛門少尉。同十正廿九轉大尉。昌泰二四二從五下。即齋院長官。(後略)>
醍醐天皇御記
(西宮記/四月賀茂祭事)
昌泰4年
[延喜元年]
(901)
4月21日 【賀茂祭】
 右馬寮有牛死穢。仍仰国飼御馬可送斎院由云々。右馬頭連並觸穢之代、以右近権少将佐方、假充彼使。
以事之起倉卒、賜御衣一襲。申刻、雷雨。差蔵人俊蔭、問斎王(君子)途中安否云々。
醍醐天皇御記
(西宮記/臨時五斎院)
延喜2年
(902)
10月8日 【斎院(君子)病の使者あり】
 自斎院使公節陳斎王(君子)煩病由、兼可遷宮否云々。差蔵人公利労問之。
日本紀略
醍醐天皇御記
(西宮記/臨時五斎院)
延喜2年
(902)
10月9日 【斎院君子内親王薨去】
『日本紀略』(10月8日)
 賀茂斎院君子内親王薨。

『醍醐天皇御記』
 仰左大臣(藤原時平)、令定斎王(君子)移他家事。入夜、公節来云、親王(君子)甚無気力云々。此夜、罷出云々。
日本紀略
醍醐天皇御記
(西宮記/臨時五斎院)
延喜2年
(902)
10月11日 【君子内親王薨去を奏上】
『醍醐天皇御記』
 左大臣奏斎院君子内親王以九日夜薨状云々。

『日本紀略』
 奏君子内親王薨由、即下御簾、遣使弔問、賻物之外、判給大蔵省絹布等。
醍醐天皇御記
(西宮記/臨時五斎院)
延喜2年
(902)
11月3日 【斎院薨去について、賀茂社への奉告作成を命じる】
 斎王薨状、可奉告賀茂状、仰右大臣(源光)令勘例之。
醍醐天皇御記
(西宮記/臨時五斎院)
延喜2年
(902)
11月5日 【右大臣(源光)、賀茂社への宣命を奏上】
 右大臣(源光)奏賀茂宣命。



史料 記述
一代要記
宇多天皇
(賀茂)
 君子内親王
 <帝二女、寛平五年三月卜定、延木二ー十月八日薨、>
帝王編年記
宇多天皇
(皇女)
 <第三>
 君子〃〃〃[内親王]<賀茂/齋院>
(齋院)
 君子内親王<帝第三/皇女>
二中歴
(齋院)
 君子<宇多女 寛平五年>
皇代暦
宇多天皇
(齋院)
 君子女王 帝三女
本朝皇胤紹運録
(宇多天皇子)
(276)君子内親王[齋院。母同齊世(女御橘義子。三木廣相女)]
本朝女后名字抄
(賀茂齋内親王)
君子内親王 寛平五年卜定。宇多天皇第十皇女。母女御橘義子。
賀茂斎院記
君子内親王
宇多天皇第十皇女也。
母女御橘義子。参議広相之女也。
寛平五年卜定。醍醐帝即位未改之。
大和物語(49)
また、同じみかど(宇多)、斎院の御こ(君子)の御もとに、菊につけて、

(宇多天皇)
  ゆきて見ぬ人のためにと思わずは誰か折らまし我宿の菊

斎院の御かへし、

(君子)
  我宿に色をりとむる君なくばよそにも菊の花を見ましや
大和物語(51)
斎院(君子)より内(宇多天皇)に、

(君子)
  おなじえをわきて霜をく秋なれば光もつらくおもほゆる哉

御かへし、

(宇多天皇)
  花の色をみても知りなん初霜の心わきてをかじとぞ思ふ


 ←前

戻る

次→