←前

戻る

次→ 



19代斎院 禖子内親王

※「ばい(みわ)」の字は、示偏+某。こちらを参照(字源)。

名前の読み(音) 名前の読み(訓) 品位
ばいし みわこ 不明
両親 生年月日 没年月日
父:後朱雀天皇(1009-1045)
母:中宮藤原嫄子
  (1016-1039,敦康親王女)
長暦3年(1039)8月19日 嘉保3年(1096)9月13日
斎院在任時天皇 在任期間 退下理由
後冷泉(1045〜1068,異母兄) 卜定:寛徳3年(1046)3月24日
初斎院:不明
本院:永承3年(1048)4月12日
退下:天喜6年(1058)4月3日
斎院在任時斎宮 斎宮在任期間 斎宮退下理由
嘉子
 父:小一条院
 母:藤原頼宗女?
卜定:永承元年(1046)3月10日
初斎院:不明
野宮:永承2年(1047)9月14日
群行:永承3年(1048)9月8日
   (長奉送使:藤原信長)
退下:永承6年(1051)1月8日
父薨去
敬子女王
 父:敦平親王
 母:源則理女
卜定:永承6年(1051)10月7日
   (五条邸)
初斎院:永承7年(1052)4月25日
   (大膳職)
野宮:永承7年(1052)9月28日
群行:天喜元年(1053)9月14日
退下:治暦4年(1068)4月19日
天皇崩御

略歴:
 長暦3年(1039)(1歳)8月19日、丹波守源行任邸で誕生。


8月28日、母嫄子崩御。


12月25日、内親王宣下。
 寛徳2年(1045)(7歳)1月16日、父後朱雀天皇譲位、異母兄後冷泉天皇践祚。


1月18日、父後朱雀上皇崩御。


4月8日、後冷泉天皇即位。
 寛徳3年(1046)(8歳)3月24日、後冷泉天皇の斎院に卜定。
 永承3年(1048)(10歳)4月12日、紫野本院へ入る。
 天喜6年(1058)(20歳)4月3日、斎院を退下。
 嘉保3年(1096)(58歳)9月13日、薨去。

号:六条斎院
同母姉:祐子内親王(1038-1105,准三宮)

後朱雀天皇第四皇女。
 母藤原嫄子(嫄子女王)は敦康親王(一条天皇第一皇子、母は皇后藤原定子)の一人娘で、父後朱雀天皇の姪。
 18代娟子内親王、20代正子内親王の異母姉妹。

         ┌────────────────────┐
         │                    │
        円融天皇                 冷泉天皇
         │       ┌────┐       │
         │       │    │       │
 藤原定子===一条天皇=====彰子   妍子=====三条天皇
      |       │[上東門院]      │    │
      |       │          │    │
      │       │          │    │
     敦康親王     │          │    │
      │       │          │    ├─────┐
      │       │          │    │     │
     藤原嫄子===後朱雀天皇========禎子  小一条院  敦平親王
          │   │      │ [陽明門院]  │     │
    ┌─────┤   │      │        │     │
    │     │   │      │        │     │
    祐子   ◆禖子 後冷泉天皇   娟子       嘉子   敬子女王
                             (斎宮)   (斎宮)

 誕生からわずか9日後、母中宮嫄子が産褥死。その後は姉祐子内親王と共に、祖父頼通の元で育てられた。
 幼い頃から病がちであったが、和歌の才能に優れ、多数の歌合を開催。斎院退下の後は、母方の曽祖父・具平親王ゆかりの六条邸に住んだと見られ、六条斎院と称された。晩年に出家。
 禖子内親王家に仕えた女房・六条斎院宣旨(源頼国女)は有名な歌人であり、また『狭衣物語』の作者として有力視されている。

詠歌:神垣にかかるとならば朝顔もゆふかくるまで匂はざらめや(詞花集)

※禖子内親王の祖母敦康親王妃(具平親王次女)は関白頼通の正室・隆姫女王の妹であり、よって母嫄子は隆姫の姪にあたる。この縁から嫄子は娘のない頼通・隆姫夫妻の養女となり、後朱雀天皇に入内・立后した(このことが先達の皇后・禎子内親王(18代娟子内親王母)との関係を悪化させたと言われる)。
 しかし皇子誕生を期待されながらも、嫄子は皇女二人を生んだのみで24歳の若さで早世する。後宮制覇に失敗した頼通はその後、後冷泉天皇に入内させた実娘寛子にも皇子が生まれず、最終的に彼と対立する禎子内親王の子・後三条天皇の即位を許すこととなった。

 なお禖子の曽祖父・具平親王の千種殿(禖子の六条邸に隣接していた?)は、禖子の姉祐子内親王の所有であったらしい(『水左記』承暦元年12月15日条に、高倉殿(祐子)が大江匡房に売却したとの記録があり、のち江家文庫が営まれた)。

参考書籍:
・所京子『斎王和歌文学の史的研究』(国書刊行会, 1989)
・岩佐美代子『内親王ものがたり』(岩波書店, 2003)

参考論文:
・朧谷寿「藤原頼通の高倉殿」(『平安貴族と邸第』p56-80, 吉川弘文館, 2000)

参考リンク:
・『六条斎院歌合』
 永承三年五月or四年五月永承四年十二月二日永承五年二月三日永承五年五月五日
 永承六年正月八日天喜三年五月三日(物語合)天喜四年閏三月天喜四年五月
 天喜四年七月天喜五年五月天喜五年八月天喜五年九月十三日(天喜五年)七月
 (国際日本文化研究センターデータベース)




後朱雀天皇
史料 年月日 記述
扶桑略記 長暦3年8月19日 【皇女(禖子)誕生】
 中宮嫄子誕生女王
扶桑略記 長暦3年8月28日 【中宮(嫄子)崩御】
春記 長暦3年12月5日 【皇女(禖子)、内親王宣下】
春記 長久元年12月22日 【権大納言源師房、禖子内親王家司となる】
後冷泉天皇
史料 年月日 記述
一代要記 寛徳3年3月24日 【禖子内親王、賀茂斎院卜定】
 寛徳三年三月二十四日甲辰為賀茂斎
春記ほか 永承3年4月12日 【斎院(禖子)紫野本院入り】
『春記』
 今日斎王始入御紫野宮御禊日也、予依奉假文不参、又不奉出車也、少将資宗可勤御前也、■■事欲相訪、依此假文不到訪也、去夜乍立向彼宅、訪雑事、義通朝臣云、雑事皆具、但関白殿御馬御随身事未承一定、前日督殿眼前所被申也者、今日消息云、関白殿給御馬、不給御随身者、予答■■■案也、此由早可令申督殿也、督殿被申内府御随身公文以彼為龓云々、義通不許云々、然又何為哉云々、経宗朝臣来、遣資宗許了、早可出立之由、今朝■也、督殿不御坐也、申終許経宗同乗密々見物、小童等同乗也、日没之間斎王渡給了、女房装束如花過差無極而已、見了即退私、今日前駈大納言一人<長家>、用装■■杏葉不付銀面雲珠、又無泥障、是例也、以馬副令取馬口、無雑色、只二人許在後、若取沓者歟、主人着沓、不付魚袋云々、中納言一人、<隆國、>大略如大納言、但有随身、着蠻繪、帯平胡簶、無雑色、宰相二人<俊家、経任、>■■■■近衛府生二人令取馬口、<関白随身右府生播磨貞保、内府随身右府生下毛野公安、>経任以馬副令取之、有随身四人火長四人、無雑色也、四位四人、左中将(源)俊房以関白御随身二人、<右府生公武右番長武兼、>随身四人、小舎人童二人、<無雑色、>左少将基家以関白御随身■■■■■■随身并小舎人童二人<無雑色、>右中辨経家以右府御随身令取口、<左府生秦近利、>右少将顕家以関白随身令取口、<近衛秦近重、>五位四人、右少将公基、<右府生助武取口、>随身二人、小舎人童一人、<無雑色、>右衛門権佐長季、<無口取歟、>右(左?)少将資宗<内府随身下毛野公文取口、>随身二人無童并雑色、右兵衛佐師家以関白御随身<近衛定國、>令取口也、随身二人童一人也、随身以上皆着蠻繪、或帯平胡簶、或以鞭挿腰也、有■車等、中将俊房車以衆華餝之彫融也、資宗車少々有風流、又一兩車如之、関白不給御随身也、例事也、師家等給之、已以(似?)有偏頗、不可為愁耳、
永承5年5月5日 【斎院(禖子)歌合:題「菖蒲」】
春記 永承7年4月15日 【斎院(禖子)御禊】
春記 永承7年4月15日 【斎院(禖子)、腫を患う】
夫木和歌抄 天喜元年5月21日 【斎院(禖子)御所で庚申歌合】
天喜3年5月3日 【斎院(禖子)御所で物語歌合】
扶桑略記 天喜5年4月15日 【賀茂祭、斎院(禖子)は病のため奉仕せず】
 賀茂斎禖子内親王、依病不供奉祭
扶桑略記ほか 天喜6年4月3日 【斎院(禖子)退下】
『扶桑略記』
 賀茂斎王依病退出矣、
禖子内親王歌合
【禖子内親王御所にて女房歌合】
後三条天皇
史料 年月日 記述
禖子内親王歌合 治暦4年4月5日 【禖子内親王御所にて歌合】
堀河天皇
史料 年月日 記述
中右記ほか 永長元年9月13日 【禖子内親王薨去】
『中右記』
 夜前斎院薨、諱禖子、後朱雀院第四女、母故中宮嫄子也、長暦三年降誕、後冷泉院始為賀茂斎院、天喜六年依病退斎院、従爾以来被責狂病、不知前後経数十年、今夜俄以薨逝云々、御年五十八、<依為出家人無薨奏歟>



史料 記述
一代要記

後朱雀天皇
皇女 禖子内親王 四女、長暦二年八月誕生、
寛徳三年三月二十四日甲辰為賀茂斎、天喜二年四月三日夜病退

後冷泉天皇
斎院 禖子内親王 後朱雀院四女、寛徳三年三月二十四日為斎院、
天喜六年四月三日依病退之

賀茂斎院記

禖子内親王
後朱雀院第五皇女也。母中宮嫄子。敦康親王之女也。
寛徳三年三月卜定。
号六条斎院。

栄花物語
(34・暮まつほし)

【禖子内親王誕生、母中宮嫄子崩御】
 九月に、中宮(嫄子)このたびも女宮(禖子)生みたてまつらせたまひて、九日といふに、うせさせたまひぬれば、(後朱雀天皇は)あはれにいみじきことを思しめし嘆かせたまふ。姫宮を殿の上(頼通室隆姫)御形見と撫でかしづきたてまつらせたまふ。

栄花物語
(36・根あはせ)

【禖子内親王の斎院卜定】
 斎院に殿(頼通)の二の宮(禖子)のゐさせたまひぬ。おほかたには四の宮におはします。されど三の宮(祐子内親王)をも高倉殿の一の宮とのみ人は聞えさす。このほどに、一品宮(章子内親王)は后に立たせたまふべけれど、まづ斎宮、斎院の御事定まりてと思しめす。

栄花物語
(37・けぶりの後)

【斎院禖子内親王の有様、斎院退下】
 先帝(せんだい)をば後朱雀院とぞ申すめる。その院の高倉殿の女四の宮(禖子内親王)をこそは斎院とは申すめれ。幼くおはしませど、歌をめでたく詠ませたまふ。さぶらふ人々も、題を出(いだ)し歌合をし、朝夕に心をやりて過ぐさせたまふ。物語合とて、今新しく作りて、左右方わきて、二十人合などせさせたまひて、いとをかしかりけり。明暮(あけくれ)御心地を悩ませたまひて、果(はて)は御心もたがはせたまひて、いと恐ろしきことを思し嘆かせたまふ。
(中略)
 かくあさましきことのみ多かれば、御心のうちに殿(頼通)もあさましく思しめして、斎院(禖子)おろしたてまつらせたまひて、麗景殿の姫宮(正子内親王、禖子の異母妹)ゐさせたまひぬ。おりさせたまひても、御心地治らせたまふことなし。

今鏡
(4・雲のかへし)

 そのさきに、式部卿の親王(敦康)の女君を子にしたてまつりて、後朱雀院の御時たてまつらせ給へりしは、弘徽殿の中宮嫄子と申しき。(中略)
 また禖子の内親王と申すこそは、この中宮生み置き給へる宮におはしませ。
 寛徳三年三月、賀茂の斎院(いつき)と申しき。天喜六年御なやみによりて出で給ふ。
 美作の御が、「ありし昔の同じ声かと」と詠めるは、この宮の斎院のころ侍りて、思ひ出だして侍りけるになむ。この宮、斎院と聞えけるころ、本院の朝顔を見給ひて、

(禖子内親王)
 神垣にかかるとならば朝顔のゆふかくるまで匂はざらめや

と侍るも、いとやさしく。



 ←前

戻る

次→