□□□

戻る

次→ 



初代斎院 有智子内親王


名前の読み(訓) 品位
うちこ 二品
両親 生年月日 没年月日
父:嵯峨天皇(786-842)
母:交野女王<従五位>
大同2年(807) 承和14年(847)10月26日
斎院在任時天皇 在任期間 退下理由
嵯峨(809〜829,父)
淳和(823〜833,叔父)
卜定:弘仁元年(810)
退下:天長8年(831)12月8日
老病
斎院在任時斎宮 斎宮在任期間 斎宮退下理由
仁子(889没,異母姉妹)
 父:嵯峨天皇
 母:女御大原浄子
卜定:大同4年(809)8月11日
野宮:不明
群行:弘仁2年(811)9月4日
退下:弘仁14年(823)4月16日
天皇(父)譲位
氏子(885没,従姉妹)
 父:淳和天皇
 母:高志内親王
卜定:弘仁14年(823)6月3日
野宮:天長元年(824)8月14日
群行:天長2年(825)9月
退下:天長4年(827)2月26日
疾病
宣子女王(従姉妹)
 父:仲野親王
 母:菅野氏
卜定:天長5年(828)2月12日
野宮:不明
群行:天長7年(830)9月6日
退下:天長10年(833)2月28日
天皇譲位

略歴:
 弘仁元年(810)(4歳)史上初の賀茂斎院に卜定。
 弘仁13年(822)(17歳)2月28日、三品に叙され封百戸を賜る。
 弘仁14年(823)(18歳)4月16日、父嵯峨天皇譲位、叔父淳和天皇践祚。


4月27日、淳和天皇即位。
 天長8年(831)(25歳)12月8日、病のため斎院を退下。
 天長10年(833)(27歳)3月6日、二品に昇叙。
 承和元年(834)(28歳)2月3日、伯耆国会見郡の荒廃田百二十町を賜る。
 承和14年(847)(41歳)10月26日、薨去。

嵯峨天皇第二?皇女。
(※『帝王編年記』『中右記』は第九皇女とするが、所京子氏は第二皇女であろうとする。詳細は論文参照)
 母方の祖父山口王は舎人親王の孫で、淳仁天皇の甥。

       ┌───────────────┐
       |               |
      天智天皇             |
       |               |
       ├────────┐      |
       |        |      |
      志貴皇子    新田部皇女===天武天皇
       |            |
       |            |
       |           舎人親王
       |            |
       |            ├─────┐
       |            |     |
      光仁天皇         淳仁天皇  御原王
       |                  |
       |                  |
      桓武天皇=====藤原乙牟漏     山口王
       |    |             |
  ┌────┤    ├────┐        |
  |    |    |    |        |
 淳和天皇 仲野親王 平城天皇 嵯峨天皇=====交野女王
  |    |         |    |
  |    |         |    |
  氏子  宣子女王       仁子  ◆有智子
  (斎宮)  (斎宮)       (斎宮)

 有智子内親王は漢詩に優れた才媛として知られ、『経国集』に10首が伝わる。弘仁13年、「春日山庄」の漢詩で父嵯峨天皇を感嘆させ、三品を賜った。
 斎院退下の後は嵯峨の西に住み、そこで没したらしい。

 墓所は落柿舎の側(京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町)。
 ※京都市営バス【嵯峨小学校前】下車徒歩5分、または嵯峨野観光鉄道【トロッコ嵐山】徒歩8分。




有智子内親王墓所(2010年11月27日撮影)


参考論文:
・所京子「有智子内親王の生涯と作品」
 (『聖徳学園女子短期大学紀要』(12), p186-172, 1986) ※機関リポジトリ全文あり
※その他関連論文はこちらを参照のこと。




嵯峨天皇
史料 年月日 記述
年中行事秘抄 弘仁4年 【斎院司設置】
 四月 中午日 斎王禊事
 延暦十二癸酉。北野山中天皇行幸。而諸臣却奉后也。于時遭大火給。祈申。始奉鴨上下兩社大祭●。率供奉諸司。并奉斎内親王。又云。嵯峨平城有隙不穆。于時嵯峨祈祷有感。祠奉斎王云々。
弘仁四年。始置斎院司官職員。

●=㕝(古+又。事の異体字。こちらを参照(字源))
類聚国史 弘仁9年1月21日 【斎院司設置】
(職官十二 齋院司)
 始置斎院司。宮主一員。長官一員。次官一員。判官一員。主典二員。
日本紀略 弘仁9年5月22日  始置斎院司宮主一員。長官一員。次官一員。判官一員。主典二員。
類聚国史 天長3年7月26日 【斎院司に賜田】
(職官十二 齋院司)
 攝津國垂水庄公田一町八段。賜斎院司。
日本紀略 弘仁13年2月28日 【斎院有智子内親王、三品に叙品】
 幸無品有智子内親王山庄。上欣然賦詩。
群臣献詩者衆。賜禄。有差。是日。親王授三品。
淳和天皇
史料 年月日 記述
類聚国史 天長8年12月8日 【斎院有智子内親王退下】
(神祇五 賀茂斎院)
 替賀茂齋内親王。其辞曰。天皇<我>御命<尓>坐。掛畏皇大神<尓>申給<波久>。皇大神<乃>阿礼乎止売<尓><礼留>内親王(有智子)。齢<毛>老。身<乃><美毛><尓><弖>。令退出<留><尓>。時子女王<乎>。卜食定<弖>進状<乎>。參議左大辨正四位下藤原朝臣愛發<乎>差使<弖>申給<波久止>申。并奉幣。
類聚国史 天長8年12月9日 【前斎院有智子、賀茂川で祓】
(神祇五 賀茂斎院)
 爲前賀茂齋内親王(有智子)相替。祓于鴨川。
仁明天皇
史料 年月日 記述
続日本後紀 天長10年3月6日 【有智子内親王、二品に昇叙】
 授三品有智子内親王二品。
続日本後紀 承和元年2月3日 【有智子内親王、伯耆国の荒廃田を賜る】
 伯耆國會見郡荒廢田百廿町賜有智子内親王。
続日本後紀 承和14年10月26日 【有智子内親王薨去】
 二品有智子内親王薨。遺言薄葬。兼不受葬使。内親王者。先太上天皇(嵯峨)幸姫王氏所誕育也。頻渉史漢。兼善属文。元爲賀茂齋院。
弘仁十四年春二月 天皇(嵯峨)幸齋院花宴。俾文人賦春日山庄詩。各探勒韻。公主(有智子)探得塘光行蒼。即瀝筆曰。
寂々幽庄水樹裏。仙輿一降一池塘。
栖林孤鳥識春澤。隠澗寒花見日光。
泉聲近報初雷響。山色高晴暮雨行。
従此更知恩顧渥。生涯何以荅穹蒼。
天皇歎之。授三品。于時年十七。是日。 天皇書懐。賜公主曰。忝以文章著邦家。莫將榮樂負煙霞。即今永抱幽貞意。無事終湏遺歳華。尋賜召文人料封百戸。天長十年叙二品。
性貞潔。居于嵯峨西庄屋。薨時春秋四十一。
(※原文は改行なし)
続日本後紀 嘉祥元年8月16日 【仁明皇女親子内親王、伯母有智子内親王家の賜田を賜る】
 伯耆國會見郡路下十一條荒廢田百廿町。去天長十一年賜有智子内親王家。♀八十町賜親子内親王。



史料 記述
平家物語
(巻七・玄ム)

【薬子の変と賀茂斎院】
嵯峨皇帝の御時は、平城の先帝、内侍(ないし)のかみ(藤原薬子)のすすめによって世を乱り給ひし時、その御祈(おんいのり)の為に御門(みかど)、第三皇女有智内親王を賀茂の斎院にたて参らせ給ひけり。是斎院のはじめなり。

一代要記

嵯峨天皇
斎院 有智内親王 帝九女、弘仁元年卜定、
母正五位下交野女王、従五位上山口王女也、
斎院始也、是興平城有隙御祈也

淳和天皇
斎院 有智内親王 嵯峨第九女、承和十四年十月二十六日薨、年四十一

賀茂斎院記

有智子内親王
嵯峨天皇第八皇女也。母曰交野女王。是天皇之幸姫也。
有智頗渉史漢。兼善属文。天皇愛之。以為賀茂斎院。
弘仁十四年春二月。天皇幸斎院花宴。俾文人賦春日山荘詩。各探勒韻。
公主探得塘光行蒼。即瀝筆曰。
寂々幽荘水樹裡。仙輿一降一池塘。
栖林孤鳥識春沢。隠澗寒花見日光。
泉声近報初雷響。山色高晴暮雨行。
従此更知恩顧渥。生涯何以答穹蒼。
天皇歎之授三品。時年十七。
是日。天皇書懐賜公主。曰。忝以文章着邦家。莫将栄楽負煙霞。即今永把幽貞意。無事終須遣歳華。
淳和天皇天長八年十二月辞斎院。十年叙二品。
性貞潔。居于嵯峨西荘。
仁明天皇承和十四年十月二十六日薨。時春秋四十一。<経国集多載公主詩。>



 □□

戻る

次→