←前

戻る

次→ 



3代斎院 高子内親王


名前の読み(訓) 品位
たかいこ 無品
両親 生年月日 没年月日
父:仁明天皇(810-850)
母:百済王永慶<従七位上>
未詳(824〜832頃?) 貞観8年(866)6月16日
斎院在任時天皇 在任期間 退下理由
仁明(833〜850,父) 卜定:天長10年(833)3月26日
退下:嘉祥3年(850)3月21日?
天皇(父)崩御
斎院在任時斎宮 斎宮在任期間 斎宮退下理由
久子(876没,異母姉妹)
 父:仁明天皇
 母:高宗女王
卜定:天長10年(833)3月26日
野宮:承和元年(834)9月10日
群行:承和2年(835)9月5日
退下:嘉祥3年(850)3月21日
天皇(父)崩御

略歴:
 天長10年(833)3月26日、斎院に卜定。(異母姉久子内親王(斎宮)と同時)
 承和2年(835)4月20日、斎院に入る。
 嘉祥3年(850)3月21日、父仁明天皇崩御。

同年、斎院退下。(7月9日以前)
 貞観8年(866)6月16日、無品で薨去。(享年35〜40前後か)

生母百済王永慶は、嵯峨天皇後宮百済王慶命の妹。

                 ┌───┐
                 |   |
 橘嘉智子===嵯峨天皇===百済王慶命 |
      |              |
      |              |
     仁明天皇==========百済王永慶
      |      |
      |      |
      久子    ◆高子
      (斎宮)

 生年は不明だが、父仁明天皇の元服(823/8/1)と高子自身の卜定年から考えて、824〜832年の間と思われる。
 なお、母の姉百済王慶命は814年に第一子?源善姫を産んでおり、799年以前の生まれと考えられる。また父仁明天皇が810年生まれであることから、母永慶は800〜810年頃の生まれと見てよかろう。




仁明天皇
史料 年月日 記述
続日本後記 天長10年3月26日 【高子内親王、賀茂斎院に卜定】
 以久子内親王為伊勢斎宮。高子内親王為賀茂斎院。
続日本後記 天長10年4月10日 【賀茂社へ、高子内親王の斎院卜定を奉告】
 遣参議従四位下右大弁藤原朝臣常嗣。奉幣於賀茂大神。
告以高子内親王定斎院之状。
続日本後記 承和2年4月20日 【高子内親王御禊、斎院に入る】
 高子内親王禊于賀茂川、始入斎院。
清和天皇
史料 年月日 記述
日本三代実録 貞観8年6月16日 【高子内親王薨去】
 无品高子内親王薨。喪家固辞。故不任縁葬之司。輟朝三日。
内親王者仁明天皇之皇女■[也?]。母百済王氏。従五位上教俊之女也。
承和初卜為賀茂斎。仁明天皇崩後停斎帰第焉。


史料 記述
一代要記

仁明天皇
斎院 亮[高]子内親王 帝八女、承和二年四月加茂斎、
母百済永慶、従五位上教俊女也、
嘉祥三年三月退之、貞観八年六月十六日薨

賀茂斎院記

高子内親王
仁明天皇第十二皇女也。
母百済氏。教俊女也。
天長十年二[三]月卜定。
遣参議従四位下藤原常嗣奉幣於賀茂大神。告以定斎院之状。
承和二年四月。高子禊于賀茂川。入斎院。



 ←前

戻る

次→