←前

戻る

次→ 



4代斎院 慧子内親王


名前の読み(音) 名前の読み(訓) 品位
けいし あきらけいこ 無品
両親 生年月日 没年月日
父:文徳天皇(827-858)
母:藤原列子
未詳(844〜849頃?) 元慶5年(881)1月6日
斎院在任時天皇 在任期間 退下理由
文徳(850〜858,父) 卜定:嘉祥3年(850)7月9日
本院:仁寿2年(852)4月19日
退下:天安元年(857)2月28日
不明
斎院在任時斎宮 斎宮在任期間 斎宮退下理由
晏子(900没,同母姉)
 父:文徳天皇
 母:藤原列子
卜定:嘉祥3年(850)7月9日
野宮:仁寿元年(851)8月26日
群行:仁寿2年(852)9月7日
   (長奉送使:安倍安仁)
退下:天安2年(858)8月27日
天皇(父)崩御

略歴:
 嘉祥3年(850)3月21日、祖父仁明天皇崩御、父文徳天皇践祚。

4月17日、文徳天皇即位。

7月9日、斎院に卜定。(同母姉晏子内親王(斎宮)と同時)
 仁寿2年(852)4月19日、紫野院へ入る。
 天安元年(857)2月28日、斎院退下。
 元慶5年(881)1月6日、無品で薨去。

同母姉:晏子内親王(900没,斎宮)

文徳天皇第二?皇女。名前は恵子内親王とも表記。
 母藤原列子は、父文徳天皇の再従姉妹。(文徳の外祖父冬嗣が、列子の祖父真夏の弟)

           ┌──────┐
           |      |
          藤原冬嗣   藤原真夏
           |      |
           |      |
           |      |
 仁明天皇=====藤原順子   藤原是雄
       |          |
       |          |
       |          |
      文徳天皇=======藤原列子
             |
         ┌───┴───┐
         |       |
         晏子     ◆慧子
         (斎宮)

 ※『尊卑文脈』では列子は是雄の孫で、また晏子内親王の母は列子の姉妹とするが、本項では『帝王編年記』の記述を採用した。


 慧子の生年は不明だが、父文徳天皇の元服が承和9年(842)2月16日(16歳)であることと、また慧子自身の卜定年から考えて、844〜849年の間と思われる。(同母姉に第一皇女晏子内親王がおり、藤原列子腹の第一子でないことは確実。晏子の生年は早く見積もって843年と思われるので、晏子と慧子が双子でない限り、慧子の誕生は844年以降であろう)
 なお母列子と外祖父是雄の生年も不明だが、曽祖父真夏が宝亀5年(774)生まれなので、是雄はおおよそ794年以降と見られる。(なお真夏より1歳下の弟冬嗣は、長男長良が802年生まれであるので、是雄の生年ももう少し下るかもしれない) よって是雄の娘である列子は早くとも814年以降の生まれと見られ、第一皇女の母であることからも文徳より年上かと思われるが、是雄の極位は従五位上と低く、列子も文徳即位に際しての女御宣下はなかった。

 慧子内親王の卜定は、祖父仁明天皇崩御からわずか3ヶ月後であった。慧子の父文徳天皇は仁明天皇の息子であり、諒闇中に斎院が卜定されたのはこの時のみである。(堀口悟氏は14代婉子の卜定(承平元年(931)12月25日)も諒闇中であったと指摘するが、醍醐上皇崩御(延長8年(930)9月29日)から15ヶ月後のことであり、既に諒闇は明けていた)
 また慧子の退下に関して、『古今和歌集』巻十七詞書に「母あやまちありといひて斎院をかへられむとしけるを、そのことやみにければ」(母列子に過ちがあり斎院を下ろされかけたが中止になった)とあり、列子の密通事件によるものではないかとする説がある。しかし同母姉の斎宮晏子には処分はなく、後に天安元年理由を秘して慧子が斎院を廃されていることから、慧子自身に公表できない重大な過失があった可能性も考えられる。

参考論文:
・堀口悟「斎院交替制と平安朝後期文芸作品」(『古代文化』31巻10号, 1979)




文徳天皇
史料 年月日 記述
日本文徳天皇実録 嘉祥3年7月9日 皇女晏子内親王為伊勢斎。恵子内親王為賀茂斎。大秡於建礼門前。以命両斎内親王也。
日本文徳天皇実録 仁寿元年4月19日 遣使者向賀茂大神社奉祭。但斎内親王未盈斎限。故不得侍祭。
日本文徳天皇実録 仁寿2年4月19日 賀茂斎恵子内親王禊於河濱。是日始入紫野斎院。
日本文徳天皇実録 仁寿3年4月7日 従五位下藤原朝臣岑主為斎院長官。
日本文徳天皇実録 仁寿3年5月10日 従五位下藤原朝臣野主為斎院長官。
日本文徳天皇実録 天安元年2月28日 廃鴨斎内親王恵子。更立无品述子内親王為斎内親王。遣右大臣正三位藤原朝臣良相於神社告事由。其事秘者。世無知之者。
陽成天皇
史料 年月日 記述
日本三代実録 元慶5年1月6日 无品慧子内親王薨。不任縁葬之司。以喪家之辞也。輟朝三日。
内親王者文徳天皇之女。母従五位上藤原朝臣是雄之女也。


史料 記述
古今和歌集
(巻17・885)

田むらのみかど(文徳天皇)の御時に、斎院に侍りけるあきらけいこのみこを、母あやまちありといひて斎院をかへられむとしけるを、そのことやみにければよめる 尼敬信

大空を照りゆく月し清ければ雲隠せども光けなくに

参考リンク:『古今和歌集
(国際日本文化研究センターデータベース)

一代要記

文徳天皇
斎院 惠[慧]子内親王 帝四女、嘉祥三年立之、元慶五年薨

皇女 慧子内親王 嘉祥三年七月為賀茂斎、天安元年二月廃之、
其事秘之世莫知者、元慶五年六月薨

賀茂斎院記

惠[慧]子内親王
文徳天皇第八皇女也。
母藤原列子。
嘉祥三年七月卜定。大祓於建禮門。
仁寿二年四月。惠子禊於河濱。始入斎院。
天安元年二月廃之。遣右大臣正三位藤原良相於神社告事由。
其事秘故世無知之。



 ←前

戻る

次→