←前

戻る

次→ 



5代斎院 述子内親王


名前の読み(音) 名前の読み(訓) 品位
じゅつし のぶこ 無品
両親 生年月日 没年月日
父:文徳天皇(827-858)
母:更衣紀静子<従四位上>
  [三条町](866没)
未詳(845〜856頃?) 寛平9年(897)11月21日
斎院在任時天皇 在任期間 退下理由
文徳(850〜858,父) 卜定:天安元年(857)2月28日
退下:天安2年(858)8月27日?
天皇(父)崩御?
斎院在任時斎宮 斎宮在任期間 斎宮退下理由
晏子(900没,異母姉)
 父:文徳天皇
 母:藤原列子
卜定:嘉祥3年(850)7月9日
野宮:仁寿元年(851)8月26日
群行:仁寿2年(852)9月7日
   (長奉送使:安倍安仁)
退下:天安2年(858)8月27日
天皇(父)崩御

略歴:
 天安元年(857)2月28日、斎院に卜定。
 天安2年(858)8月27日、父文徳天皇崩御。(これにより退下か?)
 寛平9年(897)11月21日、無品で薨去。

同母兄弟:惟喬親王(844-897,弾正尹)
     惟条親王(846-868,上総太守)
     恬子内親王(913没,斎宮)
     珍子内親王(877没)

文徳天皇第五または第八?皇女。
 母方の伯父紀有常は、在原業平室の父。

                    ┌────┐
                    |    |
 藤原列子=====文徳天皇=====紀静子  紀有常
       |        |        |
  ┌────┤     ┌──┴──┐     |
  |    |     |     |     |
  晏子   慧子	 恬子   ◆述子   業平室
  (斎宮)        (斎宮)

 紀静子所生の内親王は全員生年不明だが、『伊勢物語』(第69段)には「斎宮は水の尾の御時、文徳天皇の御女、惟喬の親王の妹」とあり、この斎宮が恬子内親王のこととされる。また角田文衞氏は同母兄弟である惟喬親王・惟条親王の生年から推測して、長女恬子内親王は848年頃の生まれかと考察している。これが正しければ、次女述子内親王は849年以降の生まれとなる。
※ただし文徳天皇の元服は承和9年(842)2月16日であり、その後年内に紀静子が入内したとすれば、843年に恬子内親王を出産した後、翌844年に年子で惟喬親王が生まれた可能性も否定はできない。

 述子の斎院退下時の記録はなく、『一代要記』には「天安元年立之、同六年退」とあるが、天安3年4月15日に貞観に改元されており、「天安6年」はない。また述子の次に斎院となった6代儀子の卜定は貞観元年(859)10月5日であり、これ以前に退下したことは確かである。
 述子の父文徳天皇は天安2年(858)8月27日に崩御しており、父天皇の崩御で退下しなかった斎院は歴史上存在しない(母紀静子は当時存命)。さらに述子と同時期の伊勢斎宮であった異母姉晏子内親王は、父文徳天皇の崩御により退下したことが『日本三代実録』(天安2年9月20日条)により判っている。このことから、時期的に見て斎院述子もまた斎宮晏子と同様に、父帝崩御のため退下したものと思われる。

関連論文:
・角田文衞「恬子内親王」(『平安人物志』法蔵館,1984)
関連図書:
・山中智恵子『斎宮志』(大和書房, 1980)




文徳天皇
史料 年月日 記述
日本文徳天皇実録 天安元年2月28日 【述子内親王、賀茂斎院に卜定】
 廃鴨斎内親王恵子。更立无品述子内親王為斎内親王。
醍醐天皇
史料 年月日 記述
日本紀略 寛平9年11月21日 【述子内親王薨去】
 是日文徳天皇皇女无品述子内親王薨。


史料 記述
一代要記

文徳天皇
斎院 述子内親王 帝五女、天安元年立之、同六年退、
寛平九年十一月二十五日薨

賀茂斎院記

述子内親王
文徳天皇第五皇女也。
母曰紀静子。名虎之女也
天安元年二月卜定。



 ←前

戻る

次→