←前

戻る

次→ 



27代斎院 悰子内親王

※「そう(やす)」の字は、りっしん偏+宗。こちらを参照(字源)。

名前の読み(音) 名前の読み(訓) 品位
そうし やすこ 不明
両親 生年月日 没年月日
父:堀河天皇(1079-1107)
母:典侍源仁子
  (1126没,康資王女)
康和元年(1099) 応保2年(1162)11月3日
斎院在任時天皇 在任期間 退下理由
崇徳(1123〜1141,甥) 卜定:保安4年(1123)8月28日
初斎院:天治元年(1124)10月25日
本院:天治2年(1125)4月19日
退下:大治元年(1126)7月25日
母死去
斎院在任時斎宮 斎宮在任期間 斎宮退下理由
守子(1111-1156,いとこおば)
 [伏見斎宮]
 父:輔仁親王
 母:源師忠女
卜定:保安4年(1123)6月9日
   (六角堀川)
初斎院:天治元年(1124)4月23日
野宮:天治元年(1124)9月27日
群行:天治2年(1125)9月14日
退下:永治元年(1141)12月7日
天皇譲位

略歴:
 嘉承2年(1107)(9歳)7月19日、父堀河天皇崩御。
 保安4年(1123)(25歳)1月28日、異母弟鳥羽天皇譲位、甥崇徳天皇践祚。


2月19日、崇徳天皇即位。


8月28日、崇徳天皇の斎院に卜定。
 天治元年(1124)(26歳)10月25日、初斎院入り。
 天治2年(1125)(27歳)4月19日、本宮入り。
 大治元年(1126)(28歳)7月25日、母の喪により退下。
 天承元年(1131)(33歳)近江国佐々木庄を伊勢神宮に寄進。
 応保2年(1162)(64歳)11月3日、薨去。

号:大宮斎院

堀河天皇第一皇女。
 母源仁子は、始め24代令子内親王の女房か?

  ┌─────┐
  |     |
 輔仁親王  白河天皇
  |     |
  |     ├─────────────────┬───┐
  守子    |                 |   |
 (斎宮)    |      ┌─────┐    |   |
        |      |     |    |   |
 源仁子===堀河天皇===藤原苡子  藤原公実  令子  ヮq
     |      |        |
     |      |        |
    ◆悰子    鳥羽天皇=====藤原璋子
                 |  [待賢門院]
                 |
                崇徳天皇

『新古今和歌集』のヮq内親王(25代斎院)哀傷歌の詞書によれば、久寿3年(1156)にヮqが死去した後をうけて、姪にあたる悰子内親王がヮqの御所に移り住んだらしい(なお上記の哀傷歌の作者は、源雅定である。ヮqの御所土御門高倉第は雅定の父・源雅実の所有であり、雅実は大治2年(1127)に死去しているが、ここでいう「御所」は土御門高倉第であろう)。




崇徳天皇
史料 年月日 記述
十三代要略 保安4年8月28日 【悰子内親王、斎院に卜定】
 鳥羽院 諱宗仁(中略)
 保安四年
  八月廿八日 卜定賀茂斎王。
中右記目録 保安5年3月27日 【斎院(悰子)の御禊前駈を定める】
中右記目録 天治元年8月12日 【権大納言藤原宗忠、斎院上卿に】
 初斎院上卿奉行、大神寶作始日時勘申、
中右記目録 天治元年8月13日  斎院事沙汰始、
中右記目録 天治元年8月15日  斎院御禊沙汰、
中右記目録 天治元年8月19日  斎院女房装束沙汰、
中右記目録 天治元年8月26日  斎院女房装束功事、
中右記目録 天治元年8月29日 【斎院(悰子)御禊を定める】
 斎院御禊定、
中右記目録 天治元年9月24日 【斎院(悰子)御禊を定める】
 斎院御禊定、同出車定、
中右記目録 天治元年9月29日  斎院奉幣有、
中右記目録 天治元年9月30日  斎院諸司、
中右記目録 天治元年10月2日  斎院女房装束料、六位國沙汰、
中右記目録 天治元年10月4日  斎院御禊沙汰、
中右記目録 天治元年10月12日  斎院御禊日沙汰、
中右記目録 天治元年10月17日 【斎院(悰子)御禊の日時を占う】
 斎院御禊日時勘申、
中右記目録 天治元年10月18日 【斎院(悰子)御禊の場所を定める】
 斎院御禊点地、
中右記目録 天治元年10月25日 【初斎院御禊】
 斎院御禊、
中右記目録 天治元年11月6日 【斎院相嘗祭】
 相嘗、<斎院、>
中右記目録 天治2年1月11日  斎院年首行事所始、
中右記目録 天治2年2月9日  御禊日次沙汰、
中右記目録 天治2年3月23日  御禊前駈内々沙汰、
中右記目録 天治2年4月5日  斎院史為頼犬死穢行事不替、
中右記目録 天治2年4月7日 【斎院(悰子)御禊の前駆を定める】
 斎院前駈定、斎院司除目、女官除目、
中右記目録 天治2年4月13日  御禊點地、次第日時■(定?)、紫野院御装、
中右記目録 天治2年4月14日  斎院奉幣、
中右記目録 天治2年4月19日 【斎院(悰子)、紫野本院に入る】
 斎院初入本、
中右記目録 大治元年4月17日  斎院出車定、<斎院御衰日不忌、>
中右記目録 大治元年4月22日 【斎院(悰子)御禊】
 御禊、<三院御見物>
中右記目録
山槐記
大治元年7月26日 【斎院(悰子)、母の喪により退下】
『中右記目録』
 斎院遭母喪、俄退下
『山槐記』
 賀茂斉内親王惇[悰]子、依喪退出
中右記 天承2年3月6日 【前斎院(悰子)、世加院内の小堂を供養】
 今日前斎院母屋(堂?)<号早参河人也、>世加院々中建立立子堂供養、公伊法印爲導師、衆十人云々、
近衛天皇
史料 年月日 記述
山槐記
兵範記
本朝世紀
仁平2年11月1日 【前斎院(悰子)、日吉社に参詣】
『山槐記』
 前斎院(悰子)令参詣日吉給云々、
本朝世紀
山槐記
仁平2年11月5日 【前斎院(悰子)御所大宮殿、火災】
『本朝世紀』
 有焼亡。火起自冷泉北堀川東小屋、故大宮御所遭其殃<二条北堀川東也>。件所前斎宮<妍子>、前斎院<悰子>、同居給也。
『山塊記』
 大宇焼亡。<二條堀河>
一代要記 応保2年11月3日 【前斎院(悰子)薨去】
 堀河天皇
 皇女 悰子内親王 斎院、応保二年十一月三日薨年六十四



史料 記述
一代要記

堀河天皇
皇女 悰子内親王 斎院、応保二年十一月三日薨年六十四

崇徳天皇
斎院 ●子内親王 堀河院第三皇女、保安四年卜定、大宮斎院

●=りっしん偏に宛。こちらを参照(字源)。

賀茂斎院記

悰子内親王
堀河院第三皇女也。母神祇伯康資王之女也。
保安四年卜定。
号大宮斎院。

今鏡
(8・腹々の御子)

 堀河の帝の宮達は…(中略)女宮は大宮の斎院(悰子)と聞え給ふおはしき。やがてかの大宮(令子内親王)の女房の生みたてまつれりけるとなむ。また前の斎宮(喜子)も、堀河の院の御娘と聞え給ふ。まだこの頃もおはするなるべし。

新古今和歌集
(巻8・哀傷)

 ヮq内親王(25代斎院)かくれ給ひて後、悰子内親王かはりゐ侍りぬと聞きてまかりてみれば、何事もかはらぬやうに侍りけるも、いとど昔思ひ出でられて女房に申し侍りける、中院右大臣(源雅定)

  ありす川おなじ流はかはらねど見しや昔のかげぞ忘れぬ



 ←前

戻る

次→