←前

戻る

次→ 



26代斎院 官子内親王


名前の読み(音) 名前の読み(訓) 品位
かんし きみこ(または「たかこ」か) 不明
両親 生年月日 没年月日
父:白河天皇(1053-1129)
母:掌侍源頼子(盛子?)
  (1132以降没)
未詳(1100以前?) 未詳(1170以降?)
斎院在任時天皇 在任期間 退下理由
鳥羽(1107〜1123,甥)、
崇徳(1123〜1141,甥孫)
卜定:天仁元年(1108)11月8日
   (土左守[高階?]盛業
    二條京極宅)
初斎院:天仁2年(1109)4月20日
本院:天仁3年(1110)4月12日
退下:保安4年(1123)1月28日以降?
不明
斎院在任時斎宮 斎宮在任期間 斎宮退下理由
恂子(1093-1132,異母姉妹)
 [樋口斎宮]
 父:白河天皇
 母:藤原季実女
卜定:天仁元年(1108)10月28日
   (遠江守藤原國資之宅
    綾小路油小路)
初斎院:天仁2年(1109)4月14日
   (諸司)
野宮:天仁2年(1109)9月15日
群行:天永元年(1110)9月8日
退下:保安4年(1123)1月28日
天皇譲位

略歴:
 嘉承2年(1107)7月19日、兄堀河天皇崩御、甥鳥羽天皇践祚。

12月1日、鳥羽天皇即位。
 天仁元年(1108)11月8日、内親王宣下を受け斎院に卜定。
 天仁2年(1109)4月20日、御禊。
 天仁3年(1110)4月13日、紫野に入る。
 保安4年(1123)1月28日、鳥羽天皇譲位、崇徳天皇践祚。

2月19日、崇徳天皇即位。

同年、斎院退下。(1月28日以降、8月28日以前か?)
 久安2年(1146)

3月8日、東洞院第が落雷により火災で焼亡、宮内大輔藤原定信宅へ避難。
    この事故で従兄弟の源経光が落雷を受け死亡。

号:清和院斎院、勢賀院斎院
名は宮子とも表記する。

『一代要記』は法皇(白河院)五女とする。
 生母源頼子は、多田源氏の祖源頼綱(1025-1097,頼光の孫)の娘。
『今鏡』によると、70歳過ぎまで長生した(嘉応2年(1170)頃には生存?)とあることから、康和2年(1100)以前の生まれか。
 なお、従兄弟の一人に以仁王の挙兵で敗死した源頼政(1104-1180)がいる。

 源頼子=====白河天皇=====藤原季実女
      |   |    |
      |   |    |
     ◆官子 堀河天皇  恂子
          |   (斎宮)
          |
         鳥羽天皇
          |
          |
         崇徳天皇

【官子内親王の退下時期】
 官子の斎院退下については、年月日の記録は残っておらず不明だが、27代悰子が卜定された保安4年(1123)8月28日以前であることはほぼ確実である。また当時官子の両親(父鳥羽天皇・母源頼子)は存命であり、官子自身もその後の生存が確認されていることから、父母の喪及び本人の死去による退下はありえない。これにより、『平安時代史事典』では「当帝(鳥羽天皇)の譲位」による退下と見なしている。
 しかし天皇譲位で斎院が退下したと見られる例は2代時子のみで(18代娟子は父上皇崩御による可能性が高い)、加えて退下から新斎院卜定まで7ヶ月もかかっているのは異例の長さである(天皇崩御を除き、斎院退下から新斎院卜定までに要する期間は3ヶ月〜5ヶ月が殆どである)。また崇徳天皇の斎宮となった守子女王(輔仁親王女)の卜定は保安4年(1123)6月9日だが、27代斎院悰子の卜定は8月28日であり、斎宮卜定に比べて斎院卜定は3ヶ月近くも遅れている。通常、新帝即位に伴う斎宮・斎院の卜定は同日または数日以内に行われており、これほど時期が離れている例は他にない点も不審である(現に官子の斎院卜定と同時期に斎宮となった恂子内親王は、官子より10日早い天仁元年(1108)10月28日に卜定された)。
 さらに『中右記』(大治2年4月6日条)には、28代統子(※当時の名は恂子)の斎院卜定についての記事で「斎院次第」に歴代斎院の名と奉仕した時期の天皇の名の一覧があり、この中で24代令子から28代統子までの5人の斎院について以下のように記載されている。(下線は引用者)

 <堀川院>      <同>        <新院、今上>
 令子、<本院三女>  禎子、<同第四女>  宮子、<同女>

 <今上、皇后宮、母后儀、新院初為皇后> <同>
 悰子、<堀川院女>           恂子<新院第二女、母女院、當時>

 ここでの「本院」は白河院、「新院」は鳥羽院、「今上」は崇徳天皇を指す。即ち、斎院宮子(=官子)は新院(鳥羽天皇)と今上(崇徳天皇)の二代にわたる斎院であったとされており、鳥羽天皇の譲位では退下していなかったことになる。よって官子は崇徳天皇の即位後(さらには斎宮守子の卜定後?)に、恐らくは自身の病により退下、その後斎宮卜定に遅れて新斎院も卜定されたものと考えられる。

 源頼子===白河天皇===藤原賢子
     |      |
     |      ├────┬───┐
     |      |    |   |
     官子    堀河天皇  令子  ヮq
     (26代)     |    (24代) (25代)
       ┌────┤
       |    |
       悰子  鳥羽天皇=====藤原璋子
       (27代)        |  [待賢門院]
  ┌─────┬────┬───┤
  |     |    |   |
 崇徳天皇 後白河天皇  禧子  統子
             (29代) (28代)

※堀口悟氏は「斎院交替制と平安朝後期文芸作品」で、『中右記』所収の「斎院次第」は「他の史料と比較したときいずれも誤りを含む」として採用していない。確かに9〜10世紀の歴代斎院についてはそのまま信頼できない面もあるが、保安4年(1123)と思われる官子の斎院退下は「斎院次第」が記された大治2年(1127)からわずか4年前の出来事であり、著者藤原宗忠にとっても記憶に新しい出来事であったろう。また当時は『中右記』の保安4年部分も当然存在していたと思われ、よって斎院官子についての記述の信憑性は高いものと考える。
 なお『帝王編年記』では、鳥羽天皇斎院宮子(=官子)の退出年月日の記載はなく、また崇徳天皇の斎院には官子内親王の名前は挙げられていない。しかし『編年記』が成立したのは200年あまり後の鎌倉末期から南北朝時代のことで、それ以前に『中右記』や『本朝世紀』の保安4年部分の記事が源平の争乱やその後の動乱の中で失われた可能性は大いに考えられる。そのため、史料の紛失と共に崇徳朝でわずか半年足らずの斎院であった官子の退出年月日も忘れられ、斎院交代が崇徳天皇即位の時期に重なっていたことや、既に斎院制度自体が廃絶してしまっていたことから、官子も鳥羽天皇譲位と共に退下したと見なされるようになったと思われる。

 官子の号「清和院(勢賀院)斎院」について、角田文衛氏は清和院を里第としたためであろうとする。

関連論文:
・堀口悟「斎院交替制と平安朝後期文芸作品」(『古代文化』31巻10号, 1979)
・角田文衛「源経光の死」「源頼綱の娘たち」(『王朝の映像』東京堂出版, 1970)




鳥羽天皇
史料 年月日 記述
殿暦
中右記
天仁元年11月8日 【官子女王、内親王宣下。斎院に卜定】
『中右記』
 今日斎院卜定也、依有催酉時参仗座、(中略)
頭為房仰下云、官子女王准一日斎宮例、先可為内親王哉否事、人々可量申<件女王上皇(白河)御女、故頼綱朝臣外孫也、年来世不知之人也>、民部卿(源俊明)以下一同申云、斎宮卜定之時、一日已定申了、准彼例被為内親王可宜歟、是只同事也者、以頭奏聞件旨、仰云、官子女王可為内親王者
(中略)
今夜勅使此四位少将宗能也、<猶可遣五位歟、>斎院御所、土左守盛業二條京極宅也、今夜斎院被渡云々、
(後略)
中右記 天仁元年11月9日 【斎院卜定を賀茂社に奉告】
 依斎院卜定、有奉幣賀茂云々、上卿治部卿、使左大弁云々
中右記 天仁元年11月17日  有政、治部卿左大弁著行云々、是斎院内親王官府請印者
殿暦 天仁2年3月30日 【斎院(官子)御禊定】
殿暦 天仁2年4月20日 【斎院(官子)御禊】
 今日斎院御禊也、午剋許為房來云、申剋許主上御く志和かせ給也、予可参仕由有院仰、仍参入、予着衣参内、(後略)
殿暦 天仁3年4月2日 【斎院除目、斎院(官子)御禊前駈定】
殿暦 天仁3年4月12日 【斎院(官子)御禊】
殿暦
中右記
天仁3年4月13日 【斎院、紫野に入御】
殿暦
中右記
天永2年4月6日 【斎院(官子)御禊前駈定】
殿暦
中右記
天永2年4月11日 【斎院(官子)御禊点地】
殿暦
中右記
天永2年4月14日 【斎院(官子)御禊】
中右記 天永2年5月25日 【斎院中死虵(蛇)の事を、軒廊御卜する】
殿暦
中右記
天永2年12月15日 【斎院相嘗祭】
殿暦
中右記
天永3年4月3日 【斎院(官子)御禊前駈定】
殿暦
中右記
天永3年4月20日 【斎院(官子)御禊】
殿暦
中右記
天永3年11月1日 【穢れにより、斎院相嘗祭延引】
殿暦
中右記
天永4年4月20日 【斎院(官子)御禊】
中右記 永久2年4月3日 【斎院(官子)御禊前駈定】
殿暦
中右記
永久2年4月13日 【斎院(官子)御禊】
殿暦 永久4年4月9日 【斎院(官子)御禊前駈定】
殿暦 永久5年4月15日 【斎院(官子)御禊】
殿暦 永久5年4月16日 【斎院、紫野に入る】
中右記 元永元年4月3日 【斎院(官子)御禊前駈定】
中右記 元永元年4月18日 【斎院(官子)御禊】
中右記 元永2年3月25日 【法皇、関白家の上野荘園寄進を禁ずる】
中右記 元永2年4月6日 【斎院(官子)御禊前駈定】
中右記
長秋記
元永2年4月19日 【斎院(官子)御禊】
中右記 元永3年4月3日 【斎院(官子)御禊前駈定】
中右記 保安元年4月12日 【斎院(官子)御禊】
崇徳天皇
史料 年月日 記述
中右記 長承元年3月6日 【前斎院(官子)の母、清和院内に太子堂を建立】
 今日、前斎院母屋[堂]<号早参河人也>。世加院院中建立子[太子?]堂供養。公伊法印、為導師。衆十人、云々。
中右記 大治4年10月5日 【前斎院(官子)、東洞院姉小路第に渡御】
近衛天皇
史料 年月日 記述
台記
百錬抄
久安2年3月8日 【前斎院(官子)の東洞院第に落雷】
『台記』
 今夜大雷、京都師三所落、云々。
此中、前斎院<白川法皇女、頼綱朝臣孫>東洞院第為雷火被焼。故下野前司明国子男、在其第内被震殺。希代事也。
『百錬抄』
 雷落前斎院家。忽焼亡。故下野守明国子震死。



史料 記述
一代要記

白河天皇
皇女 官子内親王 賀茂斎院、號清和院斎院、母三河守源頼綱女

鳥羽天皇
斎院 宮子内親王 法皇五女、天仁元年十一月八日卜定、清和院斎院

賀茂斎院記

官子内親王
白河院之皇女也。母頼経女。
天仁元年卜定。
号清和院斎院。

今鏡
(8・腹々の御子)

 (白河天皇の)后の宮、女御、更衣にはおはせねど、御子生みたてまつり給へる所々、近き御代にあまた聞こえ給ふ。(中略)
 勢賀院の斎院(官子)と申ししも、同じころ立ち給ふと聞えき。それは頼綱と聞こえし源氏の、三河守なりしが娘の腹におはすと聞えき。七十にあまり給ひて、まだおはすと聞え給ふ。唐崎の禊ぎ、上西門院せさせ給ひしころ、その続きに、院の御沙汰にて、殿上人などたてまつらせ給ひけり。主殿頭何大夫とか名ありし人、御後見にて、御車の尻に、綾の指貫、院のおろして著て渡るなど聞えき。



 ←前

戻る

次→